※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

が~まるちょば(HIRO-PON)パントマイム!言葉の壁を越えて世界へ

パントマイムの魅力を熱く語る、『が~まるちょば,のHIRO-PON』

彼の視点から見た世界、その深淵を探求するYouTubeチェンネル『THEeye』

0から1を生み出す人たちどのような視点で世界を見ているのかを探求するインタビュー形式の番組です。

その中で触れられていたパントマイムを始めるキッカケと師匠との出会い方などなど多く語っていたので、少し深堀してみました。

読んで貰えば、『が~まるちょばHIRO-PON』のパントマイムへの情熱が理解できます。

パントマイムとは?

パントマイムは、言葉を使わずに、体や顔の動きだけで物語や感情を伝える表現方法です。

例えば、見えない壁に触れたり空中の重いものを持ち上げるふりをすることで、観客にその場面を想像させ、演じていることをより楽しませることができます。

パントマイムは世界中で知られていて、言葉が通じない環境でも理解される一つの芸術です。

しかし、地域によっては、同じ動きが異なる意味を持つこともあるため、文化的な背景を理解することが大切とされています。

『が~まるちょば、HIRO-PON』パントマイムとの出会い

以下は、YouTubeチェンネル『THEeye』を簡潔にまとめたものです

25歳までに何をやるのかを決めようと考えていたHIRO-PON。

当時はガソリンスタントでアルバイトをしながら一人で出来ることを探していました。

そんなある日、ふっと、「パントマイムをやろう」と思いついたそうです。

彼はもともとチャップリンが好きだったことも関係あるようです。

HIRO-PONさんは、「なんで自分が生まれてきたのだろう?」、「確かに生きている」、「生きることとは何か?」などを考えていました。

その中で、「聖徳太子・歴史上の人物」や幼い時にお世話になった先生などが心に生きていることに気が付きました。

そこから人々の心や記憶に残る生き方としてパントマイムを選んだようです。

が~まるちょば(HIRO-PON)

それぞれ別々に活動をしていた東京都出身のけっち!と、埼玉県出身のHIRO-PON(ヒロポン)1999年『が~まるちょんば』を結成しました。

「サイレントコメディー・デュオ」として、パントマイムの固定概念を超えた演劇作品とショーで、世界35ヶ国以上で公演を続けました。

2019年、約20年におよぶデュオ活動に終止符を打ち現在は、

HIRO-PONはソロアーティストとして、が~まるちょばとして活躍中です。

『が~まるちょば』の意味

『が~まるちょば』とは、グルジア語で、(こんにちは)の意味です。

グルジア語(ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン、ロシア、ギリシャ、トルコ、イラン)で話されています。

本名・生年月日など非公開ですが、1月2日生まれと言うことだけは解っています。


師匠との出会い方

パントマイムを始めようと思っても、誰かに教わらなければ難しいと考えて、情報を集めて習えるところを探していたそうです。

しかし、当時はネットが普及していなかったので、情報と言えば雑誌などでした。

そんな時に、たまたま「パントマイム教えます。」チラシを目にしたそうです。

そこで出会えたのが師匠で、偶然の出会いが現在に至る大きなきっかけとなりました。

師匠:清水きよしとの出会い – HIRO-PONの技術を磨く

HIRO-PONさんの師匠は、清水きよしさんです。

生年月日:1960年

出身地:千葉県銚子市

活動内容:パントマイムアーティスト、日本マイム研究所所長、マイムシアターぴえろ館主宰、著書や講演多数

師匠:佐々木博康さん

弟子:が~まるちょばのHIRO-PON

ヒロポンは、清水さんの指導のもと、パントマイムの技術を磨き、その芸術形式を通じて感情を表現する独自のスタイルを確立しました。

https://park.jins.com/series/mirunokaitakusya/gamarjobat/ (詳しくはこちらをどうぞ!)

HIRO-PON集客の悩み

日本でパントマイムをした場合、(衣装・照明・音楽・舞台の手配・集客など)他の人に依頼もするために赤字の時が多かったようです。

日本で行う場合は、週末に限定されて3回、4回が限度。

公演をするたびに経費がかさむために思うように行かなかったようです。

飛躍のために舞台を世界へ

日本では週末にしか来てくれない観客も、世界に舞台を広げればどこからでも集まってくると、HIRO-PONは考えました。

外国に目を向けることで、成功への道が開けました。

言葉に頼らないパントマイムは、国境を超えて共感を呼び、世界中の観客を魅了しました。

が~まるちょばの結成

始めたころは、一人で行っていましたが、別に活動をしてい『けっち』さんに誘われていましたが、一年はほど断っていました。

しかし、彼『けっち』さんの情熱的な誘いがあって、結成をしたそうです。

目指す形は、1+1は2ではなく、二人で表現できるそれ以上の形を命を懸けて創ることを思い描いていたようです。

知名度を上げることのキッカケ

2人組として活動していた「が~まるちょば」は、集客に苦労していました。

しかし、宣伝や広告のプロフェッショナルとの出会いが転機となり、テレビ出演を通じて知名度が飛躍的に向上しました。

これにより、彼らのパフォーマンスはより多くの人々に届くようになりました。

『が~まるちょば、HIRO-PON』まとめ

約30年にわたり、日本と世界で活躍するパントマイムの名人である『が~まるちょば、HIRO-PON』。

彼の信念「生で観ることでその魅力が伝わる」は今も変わりません。

パントマイムは、言葉を使わないからこそ、表現の自由があり世界中で愛される芸術となりました。

2019年以降はソロアーティストとして活動を続けるHIRO-PONの今後の活躍に期待しましょう。


『こちらもどうぞ!』

永遠のバカ殿様:志村けん!伝説のギャグと知られざる素顔に迫る

江頭2:50の過激な芸と素顔を知る!エガちゃんねるの魅力とは?

タイトルとURLをコピーしました