※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

真田志郎:AIに問う『宇宙戦艦ヤマト』の技術は、実現可能か?

『宇宙戦艦ヤマトという時代・西暦2202年の選択』は、真田志郎(大塚芳忠・おおつかほうちゅう)さんの語りで『宇宙戦艦ヤマト2199』から『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』までの物語を簡潔にまとめた映画です。

私(NORI)が真田志郎になりきって、現在の技術力で宇宙戦艦ヤマトのストーリーが現実に可能かどうか、BingAIのチャットモードを使って質問してみました。

結論としては、現実には実現不可能です。

これは、「無限に広がる大宇宙」のナレーションが示すように、未知の世界である宇宙については、当然の結果と言えます。

これまでの、宇宙開発の歴史と現段階での進行状況も同時に観ていきましょう。

あくまで、エンタメとして読んでくださいね。(^▽^;)

『宇宙戦艦ヤマトという時代 西暦2202年の選択』とは?

「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択【Blu-ray】
小野大輔 | 2021年08月27日発売

この映画は、1969年のアポロ月面着陸から始まる宇宙開拓の歴史を描き、2199年のイスカンダルへの大航海と2202年のガトランティス戦没までを網羅しています。

元宇宙戦艦ヤマト副長、真田志郎が過去を振り返る形で語ります。

つまり、真田志郎が語り手となり、『宇宙戦艦ヤマト2199』と『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』を振り返り、各シーンの見どころをまとめた総集編という位置づけの映画です。

宇宙戦艦ヤマト2202までのストーリー上の年表

1969年アポロ月面着陸
2111年第1次移民船団火星へ向けて出発
2168年国連宇宙海軍創設
2191年異星人太陽系に(ガミラス)侵入
2192年第1次火星沖海戦
2193年初の流星爆弾着弾
2198年第2次火星沖海戦
2199年宇宙戦艦ヤマト人類初の超光速航行の成功
2200年ガミラス大戦終結
2201年時間断層の存在を確認
2202年ガトランティス戦役始まる

西暦2199年は、何年後?

旧作『宇宙戦艦ヤマト』1974年から49年経過した現在は2023年

もしも、現実的に異星人が地球に攻めてきた場合、どうなるでしょうか?

結論、地球人は壊滅する確率が非常に高い。生存の確率はでしょう。

2199年にイスカンダルにアニメの設定と同じに行くとした場合、

「2199年ー2023年=176年後」になります。

2023年現在の宇宙開発の歴史

スペースシャトル

機能一部再使用型有人宇宙船
期間1981年~2011年
打ち上げ回数135回
成功133回
失敗2回
  • コロンビア号
  • チャレンジャー号
  • ディスカバリー号
  • アトランティス号
  • エンデバー号

スペースシャトルの主要な寸法は?

Bingのチャットモード

スペースシャトルの主要な寸法は以下の通りです(概算値)

  • 全長: 37.2m
  • 直径: 23.8m(翼幅)
  • 高さ: 17.3m(着陸時)

ペイロードベイ(貨物室)の寸法は、直径4.6m、長さ18.3mです。

これらの数値は概算値であり、機体によって誤差があるかもしれません。

スペースシャトルの主要な寸法は以下の通りです(概算値)

AIに聞いてみたスペースシャトルで、火星まで時間はどれぐらいかかる?

Bingのチャットモード

理論上の推測として、火星までの距離を約54,000万 kmと仮定し、スペースシャトルの速度を28,000 km/hと仮定すると、火星までの所要時間は次のように計算できます。

所要時間 = 火星までの距離 ÷ スペースシャトルの速度

所要時間 = 54,000,000 km ÷ 28,000 km/h ≈ 1,928.57 時間

この計算結果から、理論上の推測では最短で、約1,928.57時間(約80.36日)

火星まで到着すると予想されます。

ただし、この計算は地球と火星の距離が一定であり、

スペースシャトルの速度が一定であるという理想的な状況を仮定しているため、実際の宇宙ミッションではより複雑な要因を考慮する必要があります。

最新の探査機によると、火星に行くには平均で 228 日から 333 日かかります。

これらの要素を考慮すると、火星までの所要時間は、さらに増加する可能性があります。

実際の有人宇宙ミッションでは、軌道の選択、重力アシスト、宇宙船の性能、乗員の健康への影響、補給物資の搭載など、多くの要素が計画と実行に影響を与えます。

これらの要素を考慮すると、火星までの所要時間はさらに増加する可能性があります。

その他にも燃料の問題がありますよね~

どんだけ~のエネルギーが必要になるのでしょう?

2111年の第1次移民船団火星へ向けて出発までは、

2111-2023=88

88年後に火星に出発することになります。

イーロン・マスク氏チームのスペースXに期待

スペースXはイーロン・マスク氏が率いるアメリカの航空宇宙メーカーで、宇宙輸送サービスを提供しています。

彼らは、「ファルコン9・ファルコンヘビー・スターシップ」などのロケットや、「カーゴドラゴン・クルードラゴン」宇宙船、そして「スターリンク」衛星を製造しています。

2020年5月には、NASAの宇宙飛行士2人を乗せた有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げに成功しました。

さらに、2021年9月には、4人のアマチュア宇宙飛行士が3日間の地球周回軌道への宇宙旅行を成功させました。

スペースXは現在、再利用可能な巨大宇宙船「スターシップ」の建造を進めており、最終的には1000隻のスターシップを目指しています。

これが進めば、宇宙で戦艦レベルの船を造る未来が来るかもしれません。

波動砲は可能か?

回答を生成しています…

波動砲は、宇宙戦艦ヤマトに登場する架空の兵器で、その正式名称は「艦首波動砲」です。

この兵器は、非常に強力で膨大なエネルギーを発射する度に、消費をします。燃料を再製する技術を発明できなければ、航行不能になるので、現実の科学技術ではまだ実現不可能です。

船がその熱に耐えきれずに消滅する可能性もあります。

2023年現在での答え

火星に行くだけで最短でも約80日以上はかかるとなりました。

現在の段階では非現実的なストーリーです。

しかし、宇宙戦艦ヤマトに出てくる『アナライザー』は

ChatGPTやその他のAIにより少しずつ

現実味が出てきたように感じます。

結論『宇宙戦艦ヤマト』のストーリーは実現可能か?

『宇宙戦艦ヤマト』のストーリーが現実に実現可能かどうかについては、結論として実現不可能となりました。

これは、「無限に広がる大宇宙」のナレーションのように、未知の世界である宇宙に関しては、当然の結果となりました。

『宇宙戦艦ヤマトという時代,西暦2202年の選択』は、お勧めの映画です。

『宇宙戦艦ヤマト2202』を最初から最後まで見ると、第1章から第7章までに分かれており、相当の時間を必要とします。

しかし、この『宇宙戦艦ヤマトという時代2202年の選択』は、そのストレスを打ち消してくれる名作です。


全7章を見るならば、この1作品を観れば充分な作りになっています。また、「やはり真田志郎」の語り口は、映画を観やすくしてくれます。これもぜひご覧ください。

『こちらもどうぞ』

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』を昔の2作品と比較してみた。

【送料無料】「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択【Blu-ray】/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

価格:6130円
(2023/9/22 15:24時点)
感想(0件)

タイトルとURLをコピーしました