※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

歌手aseri(あさり)塩竈の歌姫、セカンドシングル曲「恩送り」

塩竈の歌asari(あさり)さんはご存じですか?

彼女は宮城県塩竈市出身で、東日本大震災の経験後、

活動を開始した歌手・シンガーソングライターです。

2011年に活動を開始して、2014年に全国ロードショー

映画『救いたい』の中で、デビューシングル『塩竈桜』が挿入歌として

起用されて注目を集めました。

映画『救いたい』三浦友和・鈴木京香 主演、東日本大震災を伝える

歌手・シンガーソングライター「asari」(あさり)

2011年より芸名asari(アサリ)として活動を開始しています。

宮城県塩竈市出身の歌手・シンガーソングライターです。

2019年2月に、若草恵作曲「五歳の夏の日」

で念願のメジャーデビューをしています。

現在は東京都に在住しています。

歌手asari公式ホームページ (utauasari.com)

その他の曲

・塩竈桜(2012年)

・恩送り(2012年)

・魂の歌(2015年)

・五歳の夏の日(2019年)

・命のバトン(2020年)

歌手asari(あさり)が歌う震災体験を綴った曲『塩竈桜』

映画『有り、触れた、未来』

東日本大震災から10年が経過した宮城県を舞台にして命と向き合う物語。

恋人を事故で亡くした元バンドマンの女性、娘の結婚式に出席したいと願う

末期癌の女性、将来に不安を感じながら舞台に立ち続ける若い俳優たち、

それぞれの人生・人間模様を描いた命と向き合う映画です。

『有り、触れた、未来』山本透監督:宮城県を舞台に撮られた映画

この映画の原案の著書に

オリジナル曲(恩送り)

asari自身によって作詞・作曲され、2012年10月24日にリリースされた曲「恩送り」。「恩送り」とは、誰かから受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。この曲は、震災後に制作された。震災直後の電気もガスも水道も止まった実家で過ごす時間が、家族の大切さ絆を再認識させてくれた。そして、自分は一人で生きてきた訳ではないということも。どんなことがあっても、家族への感謝の気持ちを力にして生きていくことができる。「ありがとう」と直接言うことは出来なくても、生きることで恩は送られていく。歌詞には自身の家族への思いと、生きる決意が込められている。今までいただいた沢山の恩と、感謝の気持ちを胸に、宮城県を中心に全国各地でasariはこの歌を歌い続けている。

出典:塩竈の歌姫asariセカンドシングル『恩送り』試聴版の説明

asariさんのTwitter(X)

毎年、東日本大震災3月11日にTwitter(X)で、

当時のことを伝えるべく発信を続けています。

歌手aseri(あさり):まとめ

映画『有り、触れた、未来』は東日本大震災を経験した

齋藤幸男さんの著書「生かされて生きる」が原案になっていて、

書籍の最後には、セカンドシングル曲の『恩送り』の歌詞

書かれているそうです。

歌手としてデビュー前の2012年の曲なので、

かれこれ10数年前の曲ですが、

震災を経験したからこそ伝えられる命の尊さや有難さを

伝えるような心にしみる曲です。

YouTubeを入れています。一度で良いので聞いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました