※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

NHK人形劇三国志:劉備玄徳の人生は運命の出会い(桃園の誓い)から

200708172017000

こんにちは、三国志の好きなNORIです。

三国志とは約1800年ほど昔の中国の歴史の一部です。

それだけ昔の話なので100%すべて本当なのかは不明です。

しかしながら、映画・漫画・ゲームと幅広く知られているのは、その時代に生きた人物に魅力があったに違いはありません。

その人物の中の、主要人物の劉備 玄徳に焦点を充てた内容です。

記載の内容は、NHKで放送されていた【人形劇 の読み切り三国志】、アニメーシで創られた三国志 遥かなる大地 がベースになっています。

 劉備玄徳と言う一人の人物像を探ります。

一つ一つの行動と決断で三国志の歴史を大きく動かした人物であることは過言ではありません。

特に、関羽、張飛との義兄弟と絆、そして、天才軍師諸葛亮との出会いについても触れています。

劉備 玄徳(りゅび げんとく)

出典:劉備玄徳 人形劇 – Bing images

西暦161年に生まれた家は貧しくわらじを創り生計を立てるような生活でした。

184年黄巾の乱が起きた時期に関羽「かんう」・張飛「ちょうひ」と出会い義兄弟の契りを結んだことが転機となりました。

乱れた世の中を何とかしたいと考えていた劉備にとって、この出会いは大きいものでした。その後、戦の最中に病に倒れ223年に亡くなりました。

三国志:桃園の誓い

張飛の屋敷の裏手にあった桃の木に被われた庭園に壇「だん」と供え物を整え,香りを焚き再拝して3名は誓った。

『天地神明に誓う、ここに劉備・関羽・張飛の3名は姓を異にするとはいえ、兄弟の契りを結んだからは、心を一つにして力を合わせ~願わくば同年同月同日に死せん。

天地の神々よ我らの赤心(偽りのない心)にご照覧あれ~義に背き恩を忘れるやからは 天・人これを忠別せん~』

すべての始まりはこの部分に集約しています。

義兄弟の長男(劉備)次男(関羽)三男(張飛)といった関係になりました。

(日本語で表すとこのような言葉です。)

劉備 玄徳には、4人も奥さんがいた。

奥さんが4人も居たのです。

最初は徐州「じょしゅう」滞在していた時に陶謙「とうけん」の配下、麋竺「びじく」の妹(麋夫人)【この時の子供の記録はありません】 

三国志演義と正史との矛盾点があり定かではありません。

二番目が【甘】「かん」夫人、劉備の側室で身分が低いために【麋夫人】が正妻で、甘夫人が側室との位置づけになったようです。

しかし、一番ながく連れ添っていたようです。

その間には一人の子【阿斗(あと)のちの劉禅(りゅうぜん)】がいました。

劉備の子を趙雲を助けた話があります。その子です。

正史とその他の違いはありますが~

3人目は【孫】「そん」夫人です、孫権「そんけん」妹で赤壁の戦いの後に蜀と呉の領土問題でもめた時に持ち上がった縁談でした。

孫夫人は劉備と30歳近く年が離れていたらしく、武器マニアでした。

その後、呉と蜀の中が悪化したときに祖国から『ハハキトク、すぐ帰れ』の連絡により呉へ帰国します。

【人形劇、三国志でも出てきている話です。】

4人目は呉「ご」夫人は正妻で最後まで連れ添った人です。

劉備の死後も長生きして245年に亡くなり劉備と合葬されました。

劉備は漢皇室の末裔「まつえい」の血筋でした。

三国志:三顧の礼(諸葛孔明との出会い)

出典:劉備玄徳と諸葛孔明 人形劇 – Bing images

劉備が諸葛亮『しょかつりょう』(孔明)『こうめい』の元を訪ねた経緯についた語られた部分です。

このことも劉備の知名度を上げた話の内容になっています。

三顧の礼=礼儀を尽くして、すぐれた人材を招くために手厚く迎えること。

「顧」こ=は訪れること・訪ねる意味です。

実際に劉備は諸葛亮(孔明)を3回訪れたので 「三顧の礼」となっています。

4回だったら「4顧の礼」だったのかはわかりません。

この部分はNHK人形劇三国志『23回三顧の礼』で出てきます。

1回目は、関羽、張飛と共に行きますが、弟の諸葛均(しょかつきん)が出てきて兄は居ませんと答えられます。

その際に、同行した関羽が孫堅軍にいる諸葛墐(しょかつきん)は?と尋ねると漢字が違います。

兄の孔明は(外出していていつ帰るかわかりません)と答えられます。

この帰り道、孔明に友人と会い会話した際、居所を聞く劉備でしたが、『わからない、来ても会えるのは4回に1回程度

と話を聞いて、なお更会いたくなって劉備でした。

2回目、冬の吹雪の中、孔明のもとへ行きます。

その際、孔明の友人に会いますが、悪い噂を耳にします。

着いて見れば、再度、弟の諸葛均に出かけたと答えられます。

3回目、その際も、関羽、張飛と共に向かいます。

また、弟の諸葛均が出てきて、

『孔明は前日に帰宅しましたと聞いた時に、3回も来てくれたのは劉備が初めてです。

と答えて外出していきます。

ようやく会えますが、その際に孔明は昼寝をしていました。

それを劉備は一人で何も言わずに起きるのを待っていました。

時間が経過し過ぎていたので心配で、張飛が覗いて、その状況を見るなり激怒したタイミングで孔明がようやく昼寝から起きて、劉備と孔明が会えました。

『第24回天下三分の計』に続いてようやく孔明が物語に加わります。

水魚の交わり:劉備と孔明の関係性

意味:魚は水がなければ、死んでしまいます。

『お互いにとって欠かせない存在』と言う意味。

三国志の中で、これにあたるのが劉備玄徳と諸葛亮(孔明)との関係でした。

もっと詳しく知りたい方は、

三国志歴史年表 | 三国志.jp 三国志総合情報サイト (sangokushi.jp)

孔明の活躍で一時的に平穏が訪れます。

関羽と張飛と出会いによって義兄弟の契り(桃園の誓い)を結び、その後は負け戦ばかりだったところへ、人の縁なのでしょう孔明の噂を知り三度も会いに出向く姿勢が孔明の心をつかみ、そして諸葛亮(孔明)を軍師に迎えることになります。

『天下三分の計』の考えと劉備の考えが、一致していたことから三国志が成り立ったと言っても過言ではありません。

劉備の志(こころざし)は天下統一ではなく、民衆の平和でした。

その後、その他の武将の活躍【趙雲(ちょううん)、黄忠(こうちゅう)、馬超(ばちょう)】と言った豪傑(ごうけつ)の武将、そして、知的人材では、馬良(ばりょう)、法正(ほうせい)、と言った人材にも恵まれて『魏・呉・蜀』の三国時代が到来します。

長くは続かない平穏(三国時代)

しかし、その平和も長続きしませんでした。

義兄弟の関羽の死が待ち受けていました。

呉の孫権に関羽を殺されて、その敵討ち(かたきうち)をしようとした時には、孔明の説得を聞き入れますが、悪いことは続くもの・・・

今度は、張飛が呉を攻める前に陣中で部下に暗殺されてしまいます。

その知らせを聞いた劉備は、地位も名誉もいらない、その前にひとりの人間で居たい!

『義兄弟の契り』約束を最優先させました。

劉備は孔明の反対を押し切り呉の孫権に戦(いくさ)を挑みます

【人形劇三国志63回】

最初は勢いと軍力により勝ち進みますが、この際に軍師の孔明は同行はしていませんでした。

この戦で、5虎大将の一人の黄忠(こうちゅう)も戦(いくさ)で亡くなります。

劉備がはじめて和平(停戦)を断ります。

戦況が不利なために呉の孫権(そんけん)から和平(停戦)を申し入れられますが、劉備はこの時、はじめて和平(停戦)を断ります。

そこへ陸遜が立ちふさがります。

実は、この陸遜(りくそん)を甘く見た戦いが関羽の死を招く原因でした。

劉備も同様に甘く見ていました。

孔明が同行していなったこともあり、劉備に意見する者はいない状況下で府とした油断から、陸遜に奇襲を受けて大敗をきして、『白帝城にこもります。』

玄徳の死【人形劇三国志64話】

劉備は病に倒れます。劉備は夢の中に『関羽、張飛』が現れて、戦いはやめてください。生きてください!と語ります。

心配して、孔明が白帝城を劉禅(りゅうぜん)と共に訪れます。

そこで、劉備は死を迎えます。

劉備玄徳の人生:まとめ

NHK人形劇『三国志』において、劉備玄徳は最後の戦いに向かう際、諸葛亮(孔明)から人民の平和を守るためには戦うべきではないと意見され静止されました。

しかし、劉備は『義兄弟の契りを守るためならば地位も名誉もいらない』と語る部分がありました。

この会話が彼の生き方を集約しているように感じます。

桃園で結んだ義兄弟の約束を死ぬまで守り続けた、その生きざまが語り継がれる要因の一つに感じます。

『こちらもどうぞ』

NHK人形劇・読み切り三国志:一人で複数人を演じた豪華な声優陣

三国志ビジュアル百科 [ 講談社 ]

価格:1760円
(2023/10/12 21:53時点)

タイトルとURLをコピーしました