※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

映画『トランスポーター2』に学ぶ子供とのルールの作り方:信頼関係

今回も少し古めの映画の感想と見どころ紹介です。

映画の主演は、ジェンソン・ステイサム。

トランスポーターの2作目です。

私は視力が悪く尚且つ、度々読めない漢字が出ると

ストレスになるために自宅で観る場合は

日本語吹き替えしか見ません。

そして、ジェイスン・ステイサムの吹替えは山路和弘さんが

耳に馴染んでいるので、彼の声以外はイメージが崩れてしまいます。

トランスポーターの意味

輸送、運送、運搬(transport)のための人や装置。

映画で活躍する アウディA.8

トランスポーター2:ストーリー

1作目とは舞台が異なり、アメリカのマイアミ。

危険な仕事から足を洗ってフランクは、

裕福な一家の6歳になるひとり息子ジャック

送迎する仕事をしていた。

そんなある日、フランクがジャックを検診に連れて

行った際にその雰囲気に異変を感じたフランク!

案の定!ジャックが狙われていた。

女殺し屋とその一味に遭遇する。

フランクと子供とのルール 3つ

1、車と運転手さんを大切にする。

2、あいさつをする。

3、シートベルトをする。

フランクが親の代わりの送迎をする上での

ジャックとの3つのルールです。

女性の殺し屋との遭遇で「ルール4」が発動する!

ルール4➡守れない約束はしない!

この危機に「フランク」が「ジャック」と

その時に出したルールである。必ず助け出す!

これが4つ目ルールでした。

ストーリー上、空気感染するウイルスを犯人側が

「ジャックを誘拐して、そののち開放した際に

そこで、両親を含めて空気感染させて、

さらに感染者を増やすと言う展開。」

その解毒薬をフランクが手に入れて、

ジャックに注射して助けるが、その他の人物は

何人死んだのか?不明なストーリー。

トランスポーター2:概要 (DVD版)

出典トランスポーター2 映画 – Bing images

2006年(日本公開)アクション  1時間29分

製作国:フランス、アメリカ合衆国

監督:ルイ・レテリエ

アクション監督:コーリー・ユン

キャスト俳優声優
フランク・マーティンジェイスン・ステイサム山路和弘
ジャン二アレッサンドロ・ガスマン小杉十郎太
ローラタイト・ノタ朴璐美
オードリー・ビリングスアンバー・ヴァレッタ岡寛恵
ジャック・ビリングスハンター・クラリー杉本征哉
タニコニ警部フランソワ・ベルレアン小島敏彦

ジェイスン・ステイサム

本名::Jason Michael Statham

発音と言うよりもスペルーが読めない・・・

国籍:イギリス

生年月日:1967年7月26日

主な作品:トランスポーター1~3,ワイルドスピード、デス・レース、エクスペンダブルズなど

DVD版:チャプター

1襲撃検診追跡10解毒薬
2なぞなぞ誘拐ウィルス11離陸
突然の来訪麻薬サミット12良い旅を

まとめ

前作と比較してしまうと、アクションシーンが

あまりにも現実離れした流れに感じました。

特に、車の車体の下の爆破装置を外すシーン、

一人で十人以上と戦うシーン、何よりもラストの

格闘シーンがあげられます。

それと、脇役的な存在として登場している

タニコニ警部の存在が大きく感じる映画です。

古い映画でも、見直すといろいろな事に気が

付き学ぶこともあります。

特に、子供の躾や教育の仕方を少し学べる

ような映画にも感じました。

無料期間があります。月額500円(税込)で他のサービスが受けられるのも魅力です。
タイトルとURLをコピーしました