※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

『ロッキー3』超人ハルク・ホーガン参戦!(レトロ映画紹介:レビュー)

1982年(約30年前)に公開された『ロッキー3』を振り返ります。

元プロレスラーで超人と言われたハルク・ホーガンの出演、ミッキーとの永遠の別れ、宿敵だったアポロの出現。

そして、エイドリアンの妻としてのパワーアップした役どころなど、多くの見どころがあります。

そして、すべての出演者が若さに満ち溢れていました。

ただし、ラストシーンだけは省いて映画紹介とレビュ記事です。

『ロッキー3』概要 1982年

出典:「ロッキー3  公式」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)

監督:シルヴェスター・スターロン

脚本:シルヴェスター・スターロン

主題歌:アイ・オブ・ザ・タイガー 【アメリカ・ロックバンド「サバイバー」】

1982年発売したアルバムの収録曲

上映時期:1982年【1時間39分】

ストーリー(前半)

宿敵アポロとの戦いに勝利したロッキー・バルボアは、頂点に立ち、家族とともに豊かな生活を送っていました。

プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンとして10度のタイトル防衛戦を勝利したものの、対戦相手はすべて格下の選手。

ロッキーはその現実に気づかずに(CM、テレビ番組、雑誌、グッツ販売などで浮かれ気分)いました。

ロッキーにはアポロと戦った頃のハングリーが欠けていました。

それとは対照的に、クラバー・ラングは昔のロッキーのように過酷な練習をして純粋に勝利を重ね、世界ランキング1位にのし上がってきていました。

彼は事あるごとに、ロッキーへの挑発を繰り返していました。

見どころ:超人ハルク・ホーガンが出演

そんな折、 ロッキーはプロレスラーのサンダー・リップス(ハルク・ホーガン)とチャリティー異種格闘技戦を行います。

サンダー・リップスがロッキーに襲い掛かり追い詰められますが、その後、ロッキーが必死に反撃して試合は、引き分けとなります。

その後、二人は写真撮影などをするなどして、チャリティーマッチが終わります。

チャリティーマッチが終わり、フィラデルフィア美術館でロッキーのブロンズ像の披露式典に参加した際、引退を発表します。

しかし、そこでクラバーの挑発にのせられて、試合をすることになります。

試合前の練習では、ロッキーは余裕のあるスタイルで練習を行っていました

(音楽をかけたり、写真撮影に応じたりなど)

一方で、クラバーは本気モード!

この時点で、何となく流れが読めす。

見どころ:ミッキーとの永遠の別れ

結果はやはり敗戦・・・それも2ラウンドでK・O・・・負け。

試合直前、ミッキーは控室で持病の心臓発作を起こし、重体になっていました。

ミッキーのことが気がかりなロッキー、そして、試合相手を甘く見ていた為に、わずか2ラウンドで、クラバーの強打にKO。

心身ともに打ちのめされて戻ってきたロッキーの目の前でミッキーは息を引き取り永遠の別れとなりました。

ロッキーにとってミッキーはそれだけ大きな存在でした。

落ち込み、心の行き場を失ったロッキーは美術館へ向かい、ブロンズ像にヘルメットを投げつけて、バイクで去ります。(自身の不甲斐なさを表すシーン)を表していました。

ストーリー後半:そこへ アポロが登場する 

ミッキーの死後、落ち込んでいたロッキーの元へかつての宿敵アポロが現れます。

『アポロ』は(俺と戦った時の目を取り戻せ!)と言い、もう一度「虎の目」を取り戻せとロッキーに喝を入れます。

ロッキーの『なぜ?』という質問に対して、アポロは『ビジネスだよ』と語ります。

その後、アポロと共にロッキーは特訓をはじめますが、完全には身が入らない練習を行います。

時折、クラバーに倒された瞬間が頭をよぎります。

やっぱりダメだあ~。

『ロッキー3』最大のポイントと感じたシーン

エイドリアンがロッキーを変えた(夫婦の会話)

ロッキーはエイドリアンに再度負けたら、

すべてを無くす恐怖・敗れた時のショックその他の心境を伝えた。

この映画の観客に伝えたい言葉が詰まっているように感じます。

吹替のセリフです。

ロッキー:弱音と本音のセリフ

エイドリアン:ここへ何しに来たの?

あなた本当に辞めたいと思っているの?

あなたが途中で投げ出すなんて初めてね。

何が最低なの?行ってみて!~会話が少し続く

ロッキー:何も失いたくない!本心が出る。(こわいなど)~少し会話が続く

エイドリアン結局最後に残るのは私たち二人だけなのよ。説得が続く~

とどめの言葉:自分のため、自分自身のため、

ロッキー:もし負けたら?

『思いっきりやって負けたなら、それを認めて生きればいいわ』

エイドリアン負けよ、それを認めて生きればいいだけ

ロッキー:君は強いな∼

エイドリアン:ボクサーの妻だもの!

ロッキー:ありがとう・愛しているよ!

その後はいつもの音楽で練習光景が・心意気が変わった!

やる気になったロッキー

音楽に合わせて、アポロとの練習に少しずつ力が入っていく。

こうなれば!お決まりな展開ですが、最後は再度、DVDなどで是非とも見て貰いたいので、ストーリ―についてはここまでにしますね。

ハルク・ホーガン

ハルク・ホーガン:1953年8月11日(70歳)

出生地:アメリカ合衆国ジョージア州

本名:テリー・ユージーン・ボレア

元プロレスラー:2012年1月27日 引退

1983年(昭和58年)の6月2日蔵前国技館大会で

アントニオ猪木と対戦して、場外でホーガンの

必殺技アックスボンバーを食らい、鉄柱に頭部をぶつけて

ダウンしたことは、プロレスが好きな方は覚えていると思います。

日本語で機会があるたびにイチバーンと言っていました。

好きなプロレスラーです。

ハルク・ホーガン – Wikipedia

出典:ハルクホーガン – Bing images

現在のハルク・ホーガン

2023年5月11日(日本時間)69歳になる超人『ハルク・ホーガン』

ジムでトレーニング中に肉体をTwitterで見せています。

映画の裏話(撮影の際)

出典:「ロッキー3 公式」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)

映画の中でプロボクサーのロッキーは、プロレスラーのサンダーリップス(ハルク・ホーガン)とチャリティーマッチで戦うシーンがあります。

このシーンでスターロン177センチ、ハルクホーガン201センチ

これでも、身長差33センチあるのに、更に体格差を表現するために、ハルクホーガンを箱の上に立たせて体格差をアピールしていました。

映画のシーンが昔、30年以上前のプロレス列伝(漫画本)にも書いてありました。

役柄・キャスト・2023年12月の年齢

役柄キャスト2023年12月現在
ロッキー・バルボアシルヴェスター・スタローン77歳
エイドリアンタリア・シャイア77歳
ミッキーバージェス・メルディス1997年9月9日(89歳没)
ポーリー・ペニーバード・ヤング2023年10月8日(83歳没)
アポロ・クリードカール・ウェザース75歳
クラバー・ラングミスターT71歳
サンダーリップスハルクホーガン70歳

キャストの意外な過去

〇エイドリアンの兄ポーリー役のバード・ヤングは若い時にボクシングを経験していました。

まとめ(感想)

『ロッキーシリーズ』において、この映画はすごく重要な役割を持っていました。

ロッキーにとって重要な人物であるミッキーとの永遠の別れが設定されていなかった場合、映画の深みは欠け、物語は魅力を失ったでしょう。

さらに、前作『ロッキー2』の時よりもたくましくなったエイドリアンの更なる妻として、

そして、母として成長していく役柄は、素晴らしいものでした。

ロッキーとエイドリアンの夫婦としての強い絆を感じました。

『関連記事』

『オーバー・ザ・トップ』親子の絆を描いたストーリー(レトロな映画紹介)

タイトルとURLをコピーしました