※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

1980年代映画『オーバー・ザ・トップ』スタローンの魅力再発掘

シルヴェスター・スタローンの映画と言えば、

『ロッキー』や『ランボー』がすぐに思い浮かびますが、

彼が違う人間性を作り出した映画作品があります。

その作品が、今回紹介するレトロな映画シリーズ

『オーバーザトップ』です。1987年の作品なので、

知らない方もいるかもしれません。

しかし、その内容は非常に魅力的で、観て損はありません。

『オーバーザトップ』は、スタローンが主演と脚本を務めた作品で、

父と子の絆を描いたヒューマンドラマです。

スタローンが演じるのは、大型トラック運転手で、

最愛の息子を取り戻すために、強豪がひしめく

世界アームレスリング大会に挑むというストーリーです。

ストーリー

ニューヨークの陸軍幼年学校の卒業式の日。

寮での生活が終わり少年たちが家族と再会して帰る中で、

卒業生のマイケル・カトラー(デヴィッド・メルデン・ホール)の

迎えに来たのは見知らぬ男だった。

彼はリンカーン・ホーク(シルヴェスター・スターロン)。

10年前に家を出たマイケル実の父で、実は病床にいる

マイケルの母クリスティーナ(スーザン・ブレイクリー)が

父子の絆を取り戻させるために仕組んだことだった。

父について祖父(母の父)ジェイソン・カトラー(ローバート・ロッジア)

から『お前を捨てて逃げた』と聞かされていました。

マイケルは、実際にずっと音信不通だった父を受け入れられず

『あんたなんか嫌いだ!』と言葉を放つ!

ホーク『嫌いか。そこからスタートしよう』と答えると

マイケルを自分の駆る大型トラックに乗せ、

母のいる病院に向けて出発する。父子2人での旅が始まる。

出典:オーバーザトップ  – Bing images

祖父のカトラーは、娘がホークのような労働者階級の男と

結婚する事を受け入れず、ホークを毛嫌いし、10年前に

追い出した経緯があった。

マイケルにとって、トラックでの生活は経験のないことばかりであった。

トラックで寝ることや肉中心の食事、賭けで行う『アームレスリング』など。

目的地の病院に到着すると、そこで二人を待っていたのは、

母クリスティーナ急死したという残酷な現実だった。

もしホークと旅をせずジェイソンの迎えと一緒に帰っていれば、

死ぬ前の母に会えたはず。

マイケルは母に会えなかった事をホークのせいだと感じ、

再び心を閉ざして、タクシーで祖父の屋敷に帰ってしまう。

ホークはもう1度息子と話そうとカトラー邸を訪ねるが

門前払いを喰らうと、トラックで門を突き破り強引に侵入する。

マイケルに一緒に来るよう説得を試みるが、とうとう逮捕されてしまう。

その後、釈放されたホークはラスベガスに向かう。

そこで開催される世界アームレスリング選手権大会にエントリーするため。

いまやマイケルのために出来るのは、ただ全力で闘う姿を見せることだけ。

しかし大会には5年間無敗の最強王者ブルー・ハーリーを始め、

多くの力自慢の大男たちがひしめいている。

ホークは息子への愛だけを胸に、人生最大の大勝負に挑む。

出典:「オーバー・ザ・トップ 公式」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)

『OVER THE TOP』に意味:ChatGPT3.5に聞いてみました。

『ChatGPTの答え』

【「Over the top」とは、過度にやりすぎたり、過激で派手な行動や言動を指す表現です。通常、エンターテイメントや表現の文脈で使われ、人が一般的な行動や態度を超えて目立ち、驚かせることを意味します。日常会話でも使用され、非現実的な行動や誇張された態度を指すことがあります。】

【上限を越えて、大げさすぎる】と出てきました。

大まかなストーリ紹介・心の響いたセリフは記載していますけれど大切な「クライマックス」は省いています。見たいと思われたらどうぞご覧くださいね。

1987年の作品なので、現在よりも単純に35歳以上若い時の映画になりますが、見てみる価値のある映画と思い記載してみました。

概要

公開時期:1987年(アメリカ)

監督:メナハム・ゴーラン

脚本:シルヴェスター・スターロン、スターリング・シリファント

役柄・俳優名・2023年9月22日現在の状況

役柄俳優名(現在)
リンカーン・ホークシルヴェスター・スターロン77歳
マイケル・カトラーデヴィッド・メンデルホール52歳
ジェイソン・カトラーロバート・ロッジア2015年12月4日(没)85歳
クリスティーナ・カトラースーザン・ブレイクリー75歳
ボブ・ブル・ハーリーリック・ザムウォルト2003年3月19日(没)51歳

リック・サムウォルト(ボブ・ブル・ハーリー役)

突然の致命的な心臓発作でなくなりました。

2003年3月19日カリフォルニア州。

親子の絆を強めたセリフ

●旅の途中で、息子にアームレスリングを試しにさせて、途中で勝負を放棄して逃げ出したシーンです。

『人生は厳しいんだ!中途半端では何一つ思い通りにいかないんだ、欲しいものは自分で勝ち取れ、堂々と戦って負けても恥ではない!次に頑張ればいい!』と説得するシーン。

●アームレースリングの決勝前に腕を痛めた父『ホーク』が自信がないと落ち込むシーンで逆に息子の『マイク』から同じことを言われて説得されるシーン。

アームレスリング(ルール)

1、対戦者はテーブルの両側に座り、腕をテーブル上に置きます。

2、対戦者は相手の手首を握り、スターターの合図で競技を開始します。

3、腕を動かして相手の手首をテーブル上に押し付けた方が勝ちとなります。

4、勝負が決まるまで、腕を離したり手首を抜いたりすることは禁止されます。

5、カウンター技や反則行為は禁止されています。

まとめ

この映画はアームレスリングを舞台に、

10年間の親子の溝と絆を描いています。

相手を説得することはできますが、自分がその立場に

なった時にそれを実行するのは難しいということを伝えています。

35年以上前の作品ですが、良い映画はいつ観ても新鮮です。

もしも、一度も観ていないならばお勧めの作品の一つです。

『関連記事』

『ロックアップ』レトロな映画紹介とレビュー(若きスタローンの怒り爆発)

タイトルとURLをコピーしました