※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

銀河鉄道物語・永遠への分岐点~知らない方のために見どころを解説

松本零士さんの名作『銀河鉄道999』の姉妹作『銀河鉄道物語』を知っていますか?

この作品は、銀河鉄道の運行と安全を担う空間鉄道警備隊(通称SDF)とその隊員たちの絆を描いたSFアニメです。

第2弾となるテレビシリーズが『銀河鉄道物語・永遠への分岐点』

前作で、殉職したブルースとベガ小隊の代わりに新たなキャラクターが登場します。

ストーリーの序盤では新たな隊員キリアン・ブラックと主人公の有紀学との関係性を中心に描かれています。

途中からは、銀河鉄道の軌道上で発生した次元断層によって、別の宇宙に飛ばされてしまいます。

そこで、救助したフレルの故郷を探しながら隊員たちが、元の世界に戻るために奮闘する物語です。

古い作品で知られていないからこそ今回ご紹介します。おすすめの素晴らしい名作です。

銀河鉄道物語 永遠の分岐点(放送時期とエピソード)

出典:銀河鉄道物語 永遠への分岐点 – 検索 画像 (bing.com)

テレビシリーズ第2弾の『銀河鉄道物語 永遠の分岐点』

銀河鉄道物語の続編で、2006年10月~2007年3月末に放送。

テレビ(全24話)オリジナルバージョン2話が含まれて合計26話です。

第1話新たなる旅立ち第13話絶体絶命SDF(前編)
第2話冷静と暴走の狭間第14話絶体絶命SDF(後編)
第3話宇宙に咲く花第15話つかの間の幸福
第4話スターダスト・ブルース第16話招かれざる漂流者
第5話奈落の淵にて第17話未知への出発
第6話卒業第18話槍を継ぐ者
第7話青い薔薇第19話霧が呼ぶ
第8話二人だけの任務第20話旅路の果て
第9話明日へ続く道第21話再会
第10話葬られた未来第22話運命と言う名の迷宮
第11話誰がための誇り第23話嵐、その向こう
第12話魂の翼第24話遙かなる誓い

オリジナルバージョンが2話あります。

第25話:我が心のシリウス小隊(前編)

第26話:我が心のシリウス小隊(後編)

1~16話

前作同様、スピカ小隊と新たに加わったガイ・ローレンス率いる『ケフェウス小隊』が協力しながら、銀河鉄道の安全を守るために活躍するストーリーです。

前半は、通常の銀河鉄道の軌道上のトラブル解決。

銀河鉄道は通常は路線が軌道シールド(簡単に言えばバリア)で守られていて空間座標(地図のようなもの)があります。

別宇宙の世界(17話以降)

第16話で登場する少女フレルが別宇宙から漂流してきたことから、シリウス小隊だけが別宇宙に行く展開になります。

この時点で、空間座標(地図のようなもの)がなくなります。

自分たちが、何処にいるのかさえ解らない状況に!

そんな旅を続ける中で、その少女とシリウス小隊の列車BIGONE(ビックワン)が会話する展開になります。

声優は巨人の星 星一徹の声(加藤精三)でした。

NORI
NORI

これに最近気が付きました。実に声優さんは凄い!

感動の結末(再会と別れ)

銀河鉄道物語の第1話で殉職した有紀渉が、別宇宙で体は死んでも魂だけは生きていました。

第1話で列車ごと敵戦艦に突撃した際に、次元の壁を越えて別宇宙のある星に辿り着き助けられていました。

後に『悪魔の機械と呼ばれる次元掘進機(じげんくっしんき)』が現れて人々を苦しめていました。

それを倒すべく有紀渉は一人戦いを望みますが、その機械に捕らわれた上に、魂だけが生き残りその機械惑星の一部として同化していました。

その後、別宇宙では有紀渉の言い伝え(悪魔の星)と勝手に名前を代えられ、人々に恐れられていました。

そんなことも知らずにシリウス小隊は無事に漂流者少女フレルを住んでいた星に送り届けます。

星に着くと、悪魔の機械と言われる機械惑星からの攻撃に日々耐えていました。

その星の治安を守るべく『シリウス小隊』が戦いに臨みます。

そこで、待ち受けていたのは機械惑星と有紀渉(殉職した有紀の父の魂)でした。

実は、有紀渉は一人魂のみで悪魔の機械を止めようと戦い続けていました。

その事実が解ったのが第23,24話です。

第24話:遙かなる誓い

その悪魔の機械と呼ばれる機械を開発したのが、なんと、銀河鉄道管理局の一部の組織でした。

そのことを突き止めて、別宇宙に行ったシリウス小隊を助けるために『キリアン、その他の空間鉄道警備隊SDF』の仲間が行動していて、別宇宙に行くための装置を完成させて仲間が助けに入ります。

最終的に、有紀学に機械惑星内での戦いの最終判断を託されて、機械惑星に入り込んだところで、父親(有紀渉)と息子(有紀学)が再会を果たし、親子の会話の後に銃で父親を撃ち惑星は崩壊します。

そこからは、自分たちの宇宙に戻るべく全小隊が力を合わせて帰路に向かいます。

最後は、謎の女性レイラ・ディスティニー・シュラが力を貸して帰還することで締めくくる内容です。

オリジナル25,26話

これは、シリウス小隊の隊員である医療用セクサロイド・ユキにまつわる内容です。

幼いころの有紀学をユキが思い出し、セクサロイドになる前の記憶をたどることに焦点を充てたものです。

そして、最後の方に宇宙戦艦ヤマトの登場があり、記憶のもとと言う意味で森雪に似たキャラクターが登場しました。

銀河鉄道物語・永遠への分岐点:主な登場人物リスト

役柄声優立ち場
有紀学矢薙直樹シリウス小隊(主人公)
ルイ・フォート・ドレイク真田アサミシリウス小隊(同僚)
レイラ・ディスティニー・シュラ麻上洋子銀河鉄道管理局総司令
シュワンヘルト・バルジ大塚明夫シリウス小隊(隊長)
ディビット・ヤング緑川光シリウス小隊(同隊員)
セクサロイド・ユキ鈴木菜穂美シリウス小隊(同隊員)
キリアン・ブラック石田彰シリウス小隊(後輩隊員)
ブルース・J・スピード子安武人シリウス小隊(前作で殉職)
ガイ・ローレンス宮林康ケフェウス小隊(隊長)
ジュリア・F・レインハート氷青スピカ小隊(隊長)
フレル植田佳奈他の宇宙の少女
有紀渉井上和彦有紀学の父
藤堂指令宮林康銀河鉄道管理局の司令官
ビックワン加藤精三戦闘列車(G8001)

新しいキャラクター

前シリーズ第22話で、『死神』と言われたブルースが呆気ない死にかたをして、第25話で村瀬が率いるベガ小隊が戦いの中殉職したため代わりに、新しくキャラクターが追加されました。

ベガ小隊の代わりにガイ・ローレンス率いる『ケフェウス小隊』が加わりました。

キリアン・ブラック

キリアンが入隊してから有紀学は教育係となりますが、性格が似ているのか?

喧嘩ばかりの日々を送ります。

しかし、一話ごとに信頼関係が生まれていきます。

そして、最終話付近では、別宇宙に行ったシリウス小隊を救うべく活躍をします。

ガイ・ローレンス

いつも冷静沈着な判断をして、シュワンヘルト・バルジと共に以前はシリウス小隊に居た人物です。

前作第1話で有紀学の父(有紀渉)が殉職する時には、シリウス小隊を離れていました。

そのために、いつも!俺が居れば死なすことはなかったと言いながら、有紀学に対してもキツクあたる反面、亡き有紀渉を尊敬している人物像です。

黄色が新たなキャラクター青色が殉職キャラクターで、ブルースは(第4話)のみに出てきます。   

ナレーション、挿入歌など

ナレーション:レイラ・ディスティニー・シュラ役の麻上洋子です。

ナレーションは1話ごとにそのストーリーに沿った内容で進めてくれるので、非常に見やすいです。

オープニング曲:オープニング曲:CARRY THE LIGHT ジャ・ジャ

エンディング曲:ALL OF US 後藤 真希

出典:公式 銀河鉄道物語 永久の分岐点 – Bing images

まとめ

『銀河鉄道物語・永遠への分岐点』は、銀河鉄道999の世界観を引き継ぎつつも、独自のストーリーや深みのあるキャラクター描写が魅力の作品です。

オリジナルの25、26話も見逃せません。セクサロイド・ユキの記憶にフォーカスした内容で宇宙戦艦ヤマトも少しだけ登場します。

原作者:松本零士さんの世界を堪能できる名作の一つです。銀河鉄道999に比べると影の薄い作品ですが、不朽の名作に入る作品です。

このシリーズでは謎の女性、レイラ・ディスティニー・シュラが物語のカギを握ります。

付け加えるならば見どころの一つに同期入隊した有紀学とルイとの関係もあげられます。

視聴方法

全話視聴は難しいですが、一部はYouTubeで視聴可能です。少しでも興味が湧いた方は、ぜひ視聴してみてくださいね。


『関連記事』

銀河鉄道物語『テレビシリーズ第1弾』松本零士作品

タイトルとURLをコピーしました