※アフィリエイト広告を利用しています。
【※アフィリエイト広告を利用しています。】

世界で「漢字」を使うのは日本と中国だけ

「漢字」、それは私たちが小学生の頃から学び始める、奥深い文字です。その複雑さは部首や画数、そして音読みと訓読みという異なる読み方に表れています。漢字を読むことはできても、書くことが難しいと感じる人も多いでしょう。

世界には漢字を使用する国がいくつかありますが、日常的に使われているのは、広大な世界を見渡しても、日本と中国だけです。

今回の記事では、当サイトの「志(こころざし)」とキャッチフレーズにある、「叶う」の漢字に焦点を宛ててみました

志(こころざし)の意味

とは「心の向かうところ」と意味する漢字です。

言い方を変えると「目的」と同義です。

漢字上部の「士」はもともと 「之」の字が充てられていて、「行く」の意味があります。

そして、「士(之)」「心」を組み合わせることで「心が行く→心が突き動かされるところ」と変化しての漢字ができたとされています。

自分の気持ちが向かうところ、つまり「内からの発露される強い気持ち」を表した漢字と言えます。

(読み方は)

音:

訓:こころざ(す)・こころざし。

画数:7画

部首:心(こころ) 小学5年生頃 習います。

(意味)

音:書きしるす。(三国志)など➡三国志(人形劇)当ブログに関連記事有ります。

訓:心が、ある目的に向かって動く・目的・めあて・こころざす・信念

使われる場合は

(志向・志望・寸志・闘志・宿志・大志・意志・志願・志操・厚志・素志・同志)などがあります。

「叶う」の意味

とは「会う・願いどおりになる。」意味です。

音:きょう

訓:かな(う)

部首:口部  小学3年生頃習います。

画数:5画

  はかなう。合う。調和すること。口に十です。

この言葉の注意すべき点

それは「叶」にマイナスを足すと➡「吐く」になります。

漢字って奥が深いですね。

叶うの文字ではもう一つの考え方を耳にしました。

まとめ

日常的に使うのは、日本人と中国人だけです。

漢字の歴史は中国からですが、日本語は、ひらがな、カタカナ、漢字と使い分けをするので、一番難しいかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました